一般の方が思うシミ、それは・・・老人性色素斑

老人性色素斑とは・・・

「老人性色素斑」とは別名「日光性色素斑」、「日光性黒子」とも呼ばれるもので、その名の通り、加齢とともにできやすく、日光(紫外線)によってできるシミのことです。一般的に「シミ」と認識されているのは、この「老人性色素斑」です。

どんなシミかというと・・・

“老人性”とい単語がついていますが、早ければ20歳代という若い年齢からでき始め、多くは40歳以降に出現するシミで、年齢を重ねるにつれてどんどん濃くなったり、大きくなったり、数が増えたりしていくことから“老人性”色素斑と呼ばれています。60歳を過ぎても新しくできたり濃くなったりします。鏡で顔を見て「ファ?!シミあるやん!」と思われた大抵のモノがこの老人性色素班です。

最初は薄茶色く平たいのが、徐々に濃くなり境界線もはっきりとしてきます大きさは数ミリ程度から数センチ程度と個人差があります。シミの形状や大きさは様々ですが、比較的円形や楕円形に近く、境界がはっきりしているのが特徴です。1つだけの場合もあれば複数できる場合もあります。

同じ「シミ」であっても「肝斑」や「そばかす」は女性に多くできる傾向がありますが、この「老人性色素班」は男女どちらにも同じようにできます。

好発部位

顔面・デコルテ・手背・前腕など日光(紫外線)によくあたる部位。

老人性色素斑の原因

①紫外線

老人性色素斑ができる主な原因は紫外線です。肌に紫外線が当たると、肌の細胞が壊されないようにメラニンを生成します。通常、メラニンは肌のターンオーバー(代謝)によって排出されます。
しかし、紫外線をたくさん浴びてメラニンが過剰に生成されると、排出が追いつかず蓄積し、それがシミになってしまいます。

②加齢による肌代謝の低下

本来は黒色のメラニンができたとしても、肌のターンオーバー(新陳代謝)が繰り返されることによって徐々に皮膚表面に押し上げられ剥がれ落としていくのですが、加齢による肌代謝の低下や、紫外線照射によってメラニンがあまりに過剰に作り出されると、肌のターンオーバーでは十分に排出がなされず、肌に残ってしまいシミとなります。

老人性色素斑の治療

老人性色素斑が健康を害することはありませんが、美容的な目的で治療は行います。治療法も色々とありますが、代表的なものをあげると・・・。

内服薬

① ビタミンC→美白作用、抗酸化作用

② ビタミンE→抗酸化作用、抗炎症作用

ビタミンCもEもどちらにも抗酸化作用はあります。ビタミンCは単体では役目が終わると尿中に排出され、ビタミンEも体内で発生する活性酸素の働きを弱めると効力を失ってしまいます。しかしビタミンCは抗酸化作用の弱まったEを再活性する作用があります。つまりビタミンCとEは一緒にとることで抗酸化作用がより向上することになります。

③ L-システイン→肌の代謝(ターンオーバー)を正常化、抗酸化作用

※「シミ」の内服薬としてビタミンC やビタミンE、L-システインなどがよく処方されますが、内服薬のみで全ての「シミ」を消し去るのは相当困難かと思います。

  • かなり薄いシミしかありませんから。
  • 即効性の効果が無くても相当長期にわたって飲むつもりですから。
  • シミを消すというよりも悪化予防のためのプラスα的効果でよいです。
  • なんだかんだと言っても肌によいんでしょう。

・・・とこのような気持ちの方むけかなと思います。

外用薬

① ハイドロキノン

メラニンを作るメラノサイトの働きを抑制。

② トレチノイン

肌のターンオーバーを促して新しい皮膚を再生させる。

③ ルミキシル

メラニンの生成を阻害。

④ビタミンCローション

上記内服薬とおんなじ。

治療処置

◎ 光治療(IPL)

いわゆる「フォト」と言われる機器を使った処置です。これはメラニンを壊すと言うよりも、皮膚表面に熱でダメージを与え肌のターンオーバーを高めて、その結果メラニンを押しあげ剥がしていって薄くしていくというものです。

◎ Qスイッチレーザー

レーザー光を熱に変えていく光熱作用によってメラニンそのもののみを破壊し、皮膚をかさぶた状にしてシミを除去します。

老人性色素斑発症の予防には・・・

紫外線対策

老人性色素斑の最大の原因は紫外線です。

日差しの強い夏や、長時間の外出時だけでなく、季節や天候に関わらず日中は紫外線対策が必須です。
もちろん室内でも日光が差し込む場合には気をつけます。

規則正しい生活をする

肌のターンオーバーの乱れがシミの原因となります。不規則な生活はターンオーバーの乱れを招きますので、バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけましょう。

適切なスキンケア

メイクなどの汚れが落としきれていなかったり、反対に過剰な洗顔で肌に刺激を与えてしまったりすると、ターンオーバーの乱れにつながります。適切なスキンケアもシミの予防には大切です。

このページで使われているタグ:  |  |  |