洗顔のやり方と間違った方法と一部閲覧注意!

今回は洗顔について書いてみます。

一部閲覧注意の画像も混じっていますので、免疫力の落ちている方や心臓の弱い方はご注意ください・・・。

洗顔の目的

顔の皮膚というものは常に露出しているため様々な汚れが付きやすく、これをそのまま放置しておくと、雑菌の繁殖や皮脂の酸化にが起こり、ニキビや肌荒れなどが発生しやすくなります。また、一日中つけていたメイクなども肌に残っていると、それが酸化して肌に負担をかけます。肌を良い状態に保つには、毎日洗顔でこれらの汚れをきちんと取り除き清潔に保つことが大切です。

洗顔回数

洗顔は朝晩2回/日行います。

朝の洗顔は就寝中にかいた汗や新陳代謝によって排出された不要な角質の垢や温度や湿度の影響によって夜間に過剰に分泌された皮脂を落とすために行います。

夜の洗顔は日中に顔に付いた汗やチリ、ホコリ、排気ガスなどの汚れを落としたり、その日のメイクを落とした後に残ってしまった少量のクレンジングを洗い流すために行います。

正しい洗顔方法

1.手の平に付いた埃や雑菌を顔に付けないようにするために手をを洗い落とします。

2.洗顔料を使う前に、まずぬるま湯(32℃~34℃くらい)で軽く予洗いをしします。

3.たっぷりの水を使って洗顔料を泡立てます。泡立てがうまくできないという場合は、泡立て用のネットを使う

100均でも売ってる泡立てネット

少なくともこれぐらいは泡立てたい

4.泡立てた洗顔料をまずは皮脂のおでこと鼻(いわゆるTゾーン)から付けていきます。次に頬に付けて最後に目な周りや口の周りに付けていきます。付け方はゴシゴシ擦らないように手や指の腹で優しく円を描くように洗顔料を伸ばしていきます。

①まずひたいと鼻、いわゆるTゾーンと言われる部分に泡を付けます

②次に両側のほほとあご周辺に付けます

③最後に目の周りと口周りに付けます

5.洗顔料がまんべんなくいきわたったら、手にぬるま湯をためて顔に付けます。手で擦って洗い流すと言うよりもぬるま湯を付けて泡を落とす感じですすぎます。ただし、洗い残しがないようにしっかりすすぎます。

6.清潔なタオルで水分をふき取ります。お肌をゴシゴシとこすらずに、軽く優しく押さえて水分を吸収するように取ります。

間違った洗顔方法

1.冷水で洗う。

  冷水では皮脂はしっかりと落ちてくれませんし、肌を急速に冷やすことでダメージを与えることになります。あと毛穴の引き締め効果もありませんから。

2.熱いお湯で洗う。

熱めのお湯を使うことで皮脂や汚れは落としやすくなりますが、必要な皮脂までも落としてしまい肌の乾燥の原因になります。

3.勢いのあるシャワーで流す。

勢いある水流を顔にあてると肌に負担をかけてしまい、結果顔にたるみを生じる原因にもなります。シャワーを使う時は緩やかな水圧で直接当てないようにします。

4.ゴシゴシ擦る。

ゴシゴシ擦ることで摩擦が生まれ、肌を痛めます。それによりかえって乾燥肌になることもあります。洗顔自体も洗顔後にタオルで水分をとる時も擦ってはダメです。

5.1日に何回も洗う

肌がすぐに脂っぽさくなるからと言って、1日に何回も洗顔をするのはダメです。肌にはある程度の皮脂(肌をしっとりさせる皮脂)が必要で、過度な洗顔によって皮脂を落とし過ぎると肌は乾燥し、それをやわらげようと反応して皮脂量がさらに増えてしまいます。

6.洗顔はニキビや吹き出物を治すための処置ではありません。

ニキビや吹き出物ができた時、それらを治す目的で必要以上に擦ったり、洗顔回数を増やしたり、肌に合わないのにニキビ用の洗顔石けんを使う等をする方がいますがこれは間違いです。あくまで洗顔は、外からの汚れ(チリやほこりなど)と内からの汚れ(汗、皮脂、角質など)を落とし、肌を清潔にし水分と油分のバランスを適切な状態にすることが目的です。

恒例のわたくしが使っているモノのご紹介

はいはいお馴染みの寿康美の雪美人シリーズのクリスタルソープ(90g 3000円(税抜))です。プラセンタエキスを配合したアルカリ性の固形石鹸で、お肌の汚れを洗い落とした後に天然保湿成分がしっとりとした潤いを保ちます。

このページで使われているタグ:  |  |  |